ピーチローズが効果的なワケ

ピーチローズは雑誌などのメディアにも取り上げられたこともあるニキビケア用品です。

 

主にお尻にできたニキビに効果的と言われているのですが、なぜお尻のニキビに効果があるのかご存知ですか?

 

「ニキビなんてどこにできたものでも一緒」なんて思っている人もいるかもしれませんが、実は体にできるニキビは部位によって多少異なり、全て同じニキビケア用品を使っても効果の差が異なります。

 

ではなぜピーチローズがお尻のニキビに効果的なのか・・・その秘密を紐解いていきましょう。


そもそもなぜお尻ニキビができるのか?

 

 

そもそもなぜお尻にニキビができてしまうのか・・・その原因からお話ししていきます。

 

人によって顔や背中などニキビができやすい場所は異なりますが、「お尻」にニキビができやすいという人も決して少なくありません。

 

お尻は顔などと違って空気に触れる機会が少ないため、蒸れやすく不衛生になりやすい場所でもあります。

 

また、古くなって乾燥した角質が肌表面に居座ってしまう、いわゆる角質肥厚によってお尻に黒ずみができやすくなります。

 

それ以外にも、座ることによって起こる血行不良が原因の新陳代謝の低下もお尻にニキビができる原因と言われています。

 

肌が乾燥するとダメージを受けやすくなり、ニキビができやすくなります。

 

もともとお尻について意識している人が少ないため、蒸れたり不衛生な状態にしてしまうことがお尻にニキビを作るきっかけになるのです。

 

 

ピーチローズが効果的だと言われる3つのポイント

 

先ほどお話ししたように、お尻のニキビは体の他の部位にできるニキビとは少し勝手が異なります。

 

肌も厚いですし通気性もあまりよくないため、普通に顔や背中に使うようなニキビケア用品を代用しても効果は実感できないでしょう。

 

そこがピーチローズと他のニキビケア用品との違いでもあります。

 

ピーチローズはお尻のニキビに効果的と言われているわけですが、そういわれているのは3つのポイントがあるからです。


 
お尻の厚い角質にもアプローチできる

 

ピーチローズは、他のニキビケア用品とは異なるヒアルロン酸を使用しています。

 

お尻の角質は他の体に比べて厚く、従来のヒアルロン酸では浸透力が弱まってしまうため、より浸透力のあるヒアルロン酸を使う必要があったのです。

 

それが超低分子(ナノ化)ヒアルロン酸です。

 

この超低分子ヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸を約1/300にダウンサイズ下ヒアルロン酸で、1gで約6リットルの保水ができるのです。

 

この超低分子ヒアルロン酸を使用することで、角質が厚いお尻の肌にも浸透するとともに、肌の表面に留まり、潤いを閉じ込めてくれる効果があるのです。

 

 

 

プラセンタとセラミドで集中ケアできる

 

ニキビを作らないためには、汚れを定着させないことが大切です。

 

ピーチローズには高濃度プラセンタが含まれており、これによって肌を優しく整えるとともに、古い角質をケアしながらメラニンの生成を抑えて、しみやそばかすを防いでくれます。

 

さらに、ニキビを予防しながら肌バリアを形成するために必要な水分をキープするためのセラミドも含まれているため、肌を保護しながら刺激に強い健康的な肌を作る手助けをしているのです。

 

 

 

お尻のマッサージジェルとしても使える

 

ピーチローズは、ただお尻のニキビを治すためだけのものではありません。

 

ピーチローズはノンアルコールのため、肌表面に優しくとどまり、程よい粘度でなじませるようにすることで、負担をかけない優しいマッサージをすることができます。

 

つまり、お尻のニキビを治しながらむくみを取って上向きで小ぶりなお尻をつくることもできるのです。

 

 

 

 

ピーチローズは綺麗なお尻をつくるのに効果的

 

ピーチローズは、お尻に特化したニキビケア用品だけあって、他のニキビケア用品とは少し異なった成分が含まれていたりします。

 

とはいえ、お尻のニキビには効果的ですし、お尻を今よりも綺麗にする成分も含まれているので、お尻に自信がない人は思い切って使ってみてもいいかもしれません。

 

 

ピーチローズの効果について